ニキビはつぶしていいのか!?にきびが出来たときの対処法

2015-05-26 by otome | No Comments | Filed in 未分類

いつの間にかできちゃうニキビ。
人に見られるのが恥ずかしいし、気になるし。
触りたくなれば、つぶしたくなりますよね。

化膿したニキビのウミを取っちゃえば早く治りそうな気もするし。
ニキビはつぶしちゃったほうが治りがはやかったりする?
調べてみました。

○ニキビはつぶしていいのか!?
ニキビを早く治したかったらニキビをつぶすのは絶対にNG!
ニキビをつぶしちゃうと、こうなります。
・悪化させる
・色素沈着
・クレーター
ニキビはつぶすことで、ニキビを悪化させるだけじゃなく、
ニキビ跡の原因にもなります。
赤みが残ったり、凸凹のニキビ跡になるんです。
ニキビよりも、ニキビ跡を改善させる方がよっぽど
治りにくいし、時間もかかります。
ニキビは絶対につぶさないようにしましょう。

そして、触るのもNGです。
ニキビを悪化させる原因でしかない行為でした。
手についている雑菌や汚れ、皮脂がニキビにさらについて
ニキビが悪化します。

○にきびが出来たときの対処法
・お肌を清潔に保つ
ニキビの基本的な対処法は、やっぱりお肌を清潔な状態にしておくってことです。
洗顔でしっかり皮脂や汚れを落としましょう。
ただし、洗顔のやりすぎには注意も必要ですよ。
清潔に保つことを意識しすぎて1日に3回洗顔するなどはしないで下さい。
肌が乾燥するだけです。
朝と夜の2回くらいが適当です。

・刺激を与えない
触ったり、つぶしたり、刺激を与えてはだめです。
また、洗顔時にも手でこすり洗いするようなことは避けましょう。
たっぷりの泡で汚れを落とす感覚で、刺激を与えないよう優しく洗います。

・保湿
ニキビはお肌の乾燥が原因だったりします。
肌が乾燥しているから、肌が脂を過剰に出して乾燥からお肌を守ろうとするんです。
皮脂の過剰な分泌によって毛穴が詰まって、皮脂が詰まった毛穴の中で
アクネ菌が繁殖してにきびになります。
肌の乾燥は、ニキビにも美肌にもとっても悪いです。
洗顔後にはしっかり保湿して、お肌に水分を与えましょう。

・食事
脂っこい食べ物ばかり食べていると、お肌もオイリーになります。
脂っこい食べ物だけでなく、甘いものも控えましょう。
甘いスイーツに含まれる砂糖も体の中で脂肪に代わりますからね。

・ニキビに効果的な化粧品を使う
ビタミンC配合の化粧品は、皮脂の分泌を調整してくれます。
セラミド配合の化粧品は、保湿効果が高いのが特徴です。
ピーリングもおすすめです。
ニキビができているお肌は角質が固くなっている状態です。
ピーリング石鹸などを使って固くなった角質を取り除いて
毛穴の汚れを取り除くことができます。

ニキビって種類もいろいろあるし、
顔だけじゃなく、デコルテや背中にだってできちゃうでしょ。
どれも、基本はやっぱり、絶対につぶさないことでした。
ニキビ跡を作らないためにも、触ったりつぶしたり絶対にやらないように
気を付けようね。

そして、ニキビができない食生活をすること、ストレスをためない
夜更かしをしないことなど生活習慣も大事なようです。
美肌は一日にしてならずというわけですね。

そのファンデーションはNG!にきびが出来たときに使用すべきファンデーション

2015-05-26 by otome | No Comments | Filed in 未分類

そのファンデーションはNG!
ニキビができちゃったときは、
できてるニキビを悪化させないために、ファンデーション選びが大事です。

にきびが出来たときに使用すべきファンデーションとは。
にきびは、皮脂が毛穴に詰まってできるもの。
皮脂+油分の多いファンデーションをつけることで
できてるニキビは悪化します。

油分の少ないファンデーションを選びましょう。
ということで、おすすめなのは
パウダーファンデーション。
リキッドファンデーションやクリームファンデーションに比べて
パウダーファンデーションは油分が少ないし、
毛穴に入り込みにくいからです。

さらに、ニキビができてるお肌は弱っている証拠です。
お肌にやさしい成分で作られたファンデーションを選びましょう。
ミネラルファンデーションなどがおススメです。
界面活性剤などの化学物質が入っていないファンデーションで
肌に負担をかけないことも大切です。

そして、つい、やっちゃうのが、
ファンデーションの厚塗り。
ニキビができちゃうと、目立たないようにするために
ファンデーションを厚塗りしてかくしちゃいます。
これも、ニキビを悪化させる原因です。

ニキビができてるお肌って、オイリーでしょ。
厚塗りすると、化粧崩れも早いです。
化粧崩れしちゃうと、また更にファンデーションを厚く塗ってしまうことにもなり、
どんどん、ニキビとお肌をいじめちゃうことに。
なるべく、ファンデーションはうす塗りするようにして
ニキビを治すことを優先させましょう。

それでも、なかなかニキビが治らない?
ファンデーションだけでなく、洗顔方法も変えてみましょう。
洗顔方法ってお肌にとってとっても大切です。
洗顔ひとつで
ニキビを悪化させるだけじゃなく、ニキビを増やす原因にもなれば
シミやしわ、くすみの原因にもなるんですよ。
ニキビや美肌のための洗顔法
とにかく、モッチリとした泡で顔を洗うこと。
手の摩擦で顔を洗うのではなく、泡で顔を洗って下さい。
さらに、しっかりとすすぐことも大切です。
ここでも、手の摩擦は禁止。
冷たい水よりも、ひと肌程度の温かいお湯で洗った方が
汚れ落ちもいいです。

そして、しっかり保湿させること。
ニキビの原因は、お肌の乾燥によるものです。
本当のニキビの治し方は保湿ですよ。

最後に、ファンデーションを塗ってるパフは清潔ですか?
直接肌に触れるパフが汚れた状態だと、
治るものも治りません。
実はパフって皮脂や汚れ、雑菌がたくさんついてます。
以外に、パフの汚れがニキビの原因になっているかもしれませんよ。
パフはメイククレンジングで定期的にきれいに洗って
清潔な状態にしておきましょう。

凸凹ニキビ跡を治す美容外科の治療法・・・

2015-05-25 by otome | No Comments | Filed in 未分類

学生時代ひどいニキビに悩んでいた人は、大人になってもニキビ痕が治らず肌がボコボコになっているかもしれません。普通のニキビではそこまで痕は残らないのですが、肌が弱い人や化膿性のニキビが出来やすい人は凹凸の痕が残ってしまい、自然に治らなくなってしまうのです。

肌のターンオーバーを促すことである程度は目立たなくなると言われていますが、分からないほど完璧には治らないのが現実です。そこで最終手段として美容外科での治療を受けることになります。

男の人の中には気にしないという人もいるかもしれませんが、女性にとってあの凹凸は化粧でも隠すことができず恥ずかしくて人前にも出られないなんて人もいるほどです。化粧をすると逆に凹凸が目立ってしまうので、美容外科での治療を受けることでつるつるの肌を手に入れることができるのです。

しかし、ニキビ跡を治す方法は一つではなく自分のどの方法が合っているのか判断するのが難しいかもしれません。

例えばケミカルピーリングと言って肌の表面を溶かして古くなった角質を無理やし剥がす方法ですが、軽い場合は効果があるかもしれませんが、深い穴にはなかなか効果が出ないことがあり何度か繰り返す必要があります。

肌が弱い人にとってケミカルピーリングはかなり刺激になるため、肌荒れが起こる可能性があり、それがシミになって残ることも考えられます。

また一般的に行われているのがレーザを使って行うニキビ跡治療で、肌にダメージを与えることで自然に肌が修復しようとする力を引き出します。しかし、効果が出ないからと言って長く続けることができず、費用も保険がきかないため高額で痛みも伴うため途中で断念する人も少なくないようです。

どのような方法もメリット、デメリットがあるのは仕方がないことなのかもしれません・・・

他にも効果的な治療方法がたくさん行われているので、いろいろな美容外科の情報を集めてから納得したうえで受けるようにしてください!大切な顔に受ける治療ですからトラブルがあるとその後の人生まで悲惨なことになる可能性だってあるのです。

ニキビの凹凸跡に悩んでいる人は、集めた情報の中から信頼できる美容外科を選び相談してみましょう!良い治療方法が見つかるかもしれません。

私よりニキビが酷かった学生時代の友人の可哀そうな話

2015-05-25 by otome | No Comments | Filed in 未分類

私は学生時代酷いニキビで悩んでいたのですが、私よりもさらにニキビがひどく常に膿んでいる子がいました。

彼女はとても可愛い顔をしていたので、ニキビができる前は同級生だけではなく先輩たちからも人気があったのですが、夏休みを挟んで2学期登校してきたころには顔中ニキビでいっぱいでした。

ニキビと言えば私の顔を誰もが思い浮かべていたはずですが、彼女のニキビがひどくなってからは私がニキビでからかわれることはなくなり、代わりにその子がからかわれている姿をたびたび目にするようになりました。

あんなにチヤホヤしておいてニキビができた途端180度態度を変える人たちって・・・酷いと思いましたが、学生時代ってまだ子供でそんなものかもしれません。

高校も彼女と同じ学校だったので、話す機会が多くなり今でもたまにランチに行ったり同窓会で会うのですが、やっぱり当時と変わらず美人で旦那様もとてもハンサムなんです!学生時代ひどいことを言っていた男たちはホント後悔しているようで、「俺が結婚したかった!」なんて今でも言っています。

当時のことを彼女と話す機会があったのですが、やはり学校に行くことが嫌になり本当に登校拒否になりかけた時期があったそうです。当時は今、巷で売れているベルブランのような気の利いたニキビケア商品はなかったのです。

ベルブランでニキビ跡は治らない!?内緒でバラす衝撃の事実!

でも、担任の先生や友人が励ましてくれたおかげで本格的に休むことなく卒業できたそうで、私が知らないところで彼女もかなり苦しんでいたのだと分かりました。

でも、なぜあれほど白くてきれいな肌がニキビだらけになってしまったのか・・・そのころ婦人科系の病気を患っていて、薬の影響でニキビが大量に出ていたそうです。

病気のことを誰にも言いたくない気持ちの方が強かったので、からかわれても我慢して耐えていたと言っていました。

確かに、今その話をされると理解できるのですが、学生時代には病気とニキビを結びつけて仕方がないことだとみんなが理解できたのかはわかりません。

結果としてその経験が彼女を強くして今の生活を手に入れることができたのでしょうが、学生時代にニキビで悩むことは決して小さなことではないですよね?学校に行くことが嫌になって本当に行かなくなってしまう子だっているはずです。

たかがニキビされどニキビです!学生時代から適切なケアや悪化させない治療を行うことで、早く改善することも可能だと思うので、ぜひ学生だから仕方がないと思わずに大人に相談してほしいです。

脂性肌のニキビ対策と乾燥肌のニキビ対策

2015-05-25 by otome | No Comments | Filed in 未分類

ニキビは青春のシンボルとも言われていて、思春期に出来るというイメージがありますが、実際は大人になってもニキビが治らないケースも多いようです。

若いころにニキビを引きずっている人もいますが、大人になって環境が変わり食生活やストレス、睡眠不足などでにニキビができてしまいなかなか改善しないことも多いようです。

この大人ニキビは治ってもまた同じ場所に再発することが多く、大きくなったり化膿すると穴のようになり痕が残ってしまいます。

有名人にもこのボコボコの穴のようなニキビ痕がある人をテレビで観ることがありますよね?自傷ネタとして笑いをとる武器にする人もいますが、一般の人にとっては外に出るのも恥ずかしいと感じるほど辛いものではないでしょうか?

この本当に嫌で厄介なニキビは脂性肌だけに出来るものではなく、意外なことに乾燥肌でも同じようにできるものです。

肌の状態が違うのですから、当然にニキビ対策もそれに合った方法を行わなくてはならず、間違えた方法を続けていると悪化することにもなりかねないのです。

脂性肌のニキビには皮脂バランスを整えるケアが必要で、皮脂や汚れが毛穴に詰まることで細菌が繁殖しやすくなりニキビができます。

この皮脂や汚れをため込まないことが大切で、洗顔はゴシゴシ皮脂を全部取るような洗い方をするのではなく、なるべく細かな泡をたくさん作り包み込むように優しく洗うことが大切です。

皮脂が気になるからと化粧水や乳液を使わない人がいますが、それが皮脂バランスを乱すことになるため、必ず保湿をしクリームなどで水分の蒸発を抑えることも必要です。

また、乾燥肌の場合は乾燥を防ぐために行っているケアがニキビの原因になっている可能性があります。

乾燥肌に必要なのは油分ではなく水分です!それに気づかすに油分が多いクリームや乳液を大量に塗りたくると、当然毛穴がふさがりニキビが出来やすくなります。

細菌が繁殖しやすい状況を自ら作っているということなのです。

乾燥肌の人は水分を十分に与えることが大切で、化粧水をたっぷり使い油分は最小限に抑えるケアが必要なのです。

大人のニキビはとても治りにくく悪化しやすいため、自分の肌の状態を知ることが大切で、それに加え生活習慣の見直しとともに毎日のケアもきれいな肌を保つためには欠かすことができないことなのです。

今だから言える!ニキビがイヤで学校を休もうかと思ったあの時・・・

2015-05-25 by otome | No Comments | Filed in 未分類

ニキビって本当に嫌なものですよね!特に思春期に大量にできるニキビは異性を気にし始める年代にはかなり辛いものです・・・

でも、ニキビって全員に出来るわけではなく友人のなかには一度もニキビができたことがないから一度経験していたいなんてのんきなことを言っている人だっているのです。

ニキビに悩んだことがないなんてホント幸せだと思いませんか?

私は未だにニキビに悩まされていますが、中学生のころが一番酷かったかな。

ニキビがあると馬鹿にされる年代で、私も男子に「ブツブツ汚ね~」なんて言われ、学校を休もうかと本気で悩んだ時期があります。

友人のなかには馬鹿にされる前にマスクで隠してしまって、年中暑苦しい子もいましたが私は部活をしていたこともあって、マスクを一日中することはできなかったのです。

気付かれる前に隠せたら・・・今だから言えますが、母に泣いて学校に行きたくないとすがったのですが、なぜか恥ずかしくて理由が言えず一度も実現することはありませんでした。

好きな人ができてももちろんニキビが気になって顔を見ることも近くに行くこともできず3年間片思いのまま恋は終わってしまったのです。

なんだかニキビが私の大切な3年間を奪ったような気がして、未だに憎らしいのですが、あの時ニキビに関して知識も情報もなかった私に何ができたのでしょう?

もちろん、きちんと毎日洗顔をして市販のニキビ治療薬を欠かさず塗っていましたが、まったく改善せず学校に着くころにはギトギトの顔になっているのです。

決して汚くしているわけではないのですが、ニキビ=不潔という印象があるのか、中学生のニキビはいじめやからかいの原因になる大きな事件なのです!

今でこそニキビに効果的な薬がたくさんあり、病院でも効果的な治療を受けることができるようになりましたが、当時は自然に治るものだし青春のシンボル!なんて大人には相手にしてもらえない時代だったので、子供は本当に悩んでいたはずです。

当時、すごいニキビで化膿までしていた人がいましたが、その子は今でもニキビの痕がボコボコと穴のように残っていて、もっときちんと治しておけばこんな顔にはならなかったと嘆いています。

ニキビは誰にでもできるし自然に治るものですが、悪化すると一生治らない痕ができることも少なくないので、なるべく早めに治療やケアをすることが必要なのではないでしょうか?